鑑定をご希望の方へ natsu726.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ご相談窓口


by natsu/miyazawa
プロフィールを見る

おさない人


大人になっても自己を確立していない、もしくは非常に弱い人に
よくみられる行動パターンがあります。
それは「人のまねをする」こと。
もちろん子どもは全て、まねをすることで学び成長し、
自らの力に変えていきますが「自分」ができつつある時期は
逆にすごく反発したり、わざと違う行動をしてみたり。
これも立派な成長過程のひとつ。
みなさんも思春期に身に覚えがあるのではないでしょうか。ね?

しかし、良い年をした大人がこのような行動をとる場合は...
自我がうまく育っていないか、弱いかのどちらかです。
共依存にも似た「他者との同一化」により、
足りない部分(と、本人が思うところ)を補完することで
満たされた気持ちになるのでしょう。

しかし!

もちろん自分で補うべきものを相手から頂戴することなんて出来ません。
そもそもの素材が違うからです。
バンパイアの様にいつでも同一化できる他者を必要とするなんて
それはとても貧しく、悲しいことだと私は思います。

またその対象となった人も、同じように依存的な思考を持っていたら
ありえないくらいの親密さをかたちつくるのでしょうが
ほとんどの人は健康に育っているので対象となった人は
不快感でいっぱいです。
その理由として「気持ち悪い」こと以上に
まねをする人が対象者に向けて憧れや同一化とともに
無意識に競争心をむき出しにしているからだと私は感じます。
「あの人になって、あの人を超えたい」という気持ち。

しかし残念ながら「まねをする人」はオリジナルを超えることは
永遠にできないのです。その人になりかわることなんて不可能!
周りを見て自分を決める生き方をやめて、ハラをくくり
自分で一から自分を育てたほうが健康的だし
オリジネーターになれる、と
私は心からの愛情を込めて「まねをする人」に伝えます。
気がついて。
[PR]
by natsumiyazawa | 2011-01-27 13:01